前立腺肥大症の症状&予防 | 民間療法ノコギリヤシの効果の秘密。

放置してはいけない、前立腺肥大の症状をレベル毎に解説します。あなたに合った予防&治療方法で、尿漏れなどの悩みを解決!

 

薬を使用せずに、ノコギリヤシ(民間療法)で治る理由も明らかにします。

 

前立腺肥大 症状

前立腺肥大症の症状

 

レベル1⇒2⇒3 と、症状が悪化していきます。

レベル1

■トイレに行く回数が、多い。
■夜間の頻尿にも、悩んでいる。
■オシッコが出るまでに、やや時間が掛かってしまう。

レベル2

■残尿感があり、スッキリしない。
■力んだり、時間が掛かったり、スムーズな排尿ができなくなる。
■花粉症・風邪薬を飲むと、一時的にオシッコができなくなる。

レベル3

■排尿量が極端に減り、オシッコをしたくてもできなくなる。
■無意識に、尿漏れ・失禁をしてしまう。

前立腺肥大 症状

 

上の図を見ると、わかりやすいですが…通常の前立腺は、クルミくらいの大きさです。それが鶏卵・リンゴ大に肥大してしまい、尿道を圧迫してしまうのが前立腺肥大症です。

 

圧迫されるほど尿道は狭くなり、オシッコをするのに余計な力・時間が必要になります。尿道が完全に閉じてしまうと、排尿することさえ困難になってしまいます。

 

前立腺がどんどん肥大してしまわないように、早目に対処していくことが重要となります。くれぐれも放置だけは、しないようにしたいものです。

尿道や膀胱(ぼうこう)に残った尿が病原体の感染源となり、前立腺の炎症を引き起こすこともあります。また常に溜まる尿が膀胱の内圧を上げて、腎不全に発展してしまう恐れもあります。

 

前立腺肥大症の治療方法

 

前立腺肥大症の治療方法は、大きくわけて3つあります。

  1. 民間療法(ノコギリヤシ)
  2. 薬を服用する
  3. 手術をする
民間療法(ノコギリヤシ)で予防&治す方法

 

2008年11月に、排尿改善効果が日本人臨床試験にて証明されました。それ以来、前立腺肥大症に有効な成分として広く認められているのが、ノコギリヤシエキス含有食品(サプリメント)です。
⇒臨床試験の結果はこちら

 

ノコギリヤシサプリの、人気ランキング

前立腺肥大 ノコギリヤシ

小林製薬のノコギリヤシEXの特徴

断トツで売れているノコギリヤシサプリメントで、着色料・保存料は不使用です。

前立腺肥大症の患者さんに対してその有効性を認められている、のがこちら小林製薬さんです。

価格 評価 ノコギリヤシ含有量
2.500円 評価5 160mg/1粒
小林製薬のノコギリヤシEXが、売れてる理由。

臨床試験の結果、排尿困難の改善が確認されています。

前立腺肥大 症状

輝寿パルメットの特徴

ノコギリヤシエキス含有量がやや多めですが、やや価格が高いところが難点。

実際の使用者にアンケート調査を実施したところ、70%の方が解決したと回答しています。継続購入率も70%を超えるので、効果を実感できるサプリメントといえます。

価格 評価 ノコギリヤシ含有量
5.800円 評価3 176mg/1粒

前立腺肥大 症状

すっきりさわやか習慣の特徴

西洋カボチャが配合されているので、ノコギリヤシエキスの含有量が少なめです。前立腺肥大というよりも、健康全般の為のサプリメントといった印象。

PMC・結晶セルロース・ショ糖脂肪酸エステル・安定剤などの、添加剤が使用されている点がデメリットかも知れません。

価格 評価 ノコギリヤシ含有量
7.600円 評価2 91mg/1粒

 

薬を服用した場合の副作用について

 

治療薬 副作用
α1-ブロッカー めまい・立ちくらみ・ふらつき
抗アンドロゲン剤 勃起障害・快感喪失・性欲減退・胸の女性化・肝臓に障害、など。

前立腺肥大 薬

 

薬で病気を治すというのは、もはや一般的なことですよね。前立腺肥大症(BPH)も、薬物治療が可能です。ただし、覚悟しなければならないことがあります。

 

BPHは男性ホルモンが関係する病気なので、それを抑える薬も当然強いものになります。ホルモン剤の副作用は、決して軽微なものではありません。

 

インポテンツ(ED)などの男性機能の障害や、絶頂感(オルガスムス)を味わえなくなったりする可能性があります。また肝機能の障害リスクも、生死に関わる深刻な問題となり得ます。

ただ、ユリーフ(α1-ブロッカー)という薬が、尿意切迫(尿漏れ・失禁)によく効くのも事実だそうです。尿漏れでお困りの方は、信頼のできる専門家に相談してみることをおすすめします。

 

手術で治療する場合のリスクに注意!

 

手術法 デメリット
経尿道的前立腺切除術(TURP) 吐き気・血圧低下などの副作用を引き起こす。
レーザー治療 組織の壊死・脱落が起きるまで、症状は改善しない。
温熱療法 半年〜1年で、症状が再発してしまう。

尿道バルーン拡張法
尿道ステント挿入法

あくまでも緊急的な処置で、通常の手術では行われない。

前立腺肥大 手術

 

症状・悩みが深刻な方…尿漏れが原因で社会生活に支障をきたしたり、尿閉(オシッコを出せない)の苦しみ・危険にさらされている方が検討すべき治療方法だと思います。

 

手術失敗のリスク、料金負担の覚悟さえクリアできれば…選択肢の一つとして、考えておきたい治療方法です。

ちなみにTURPは健康保険が適用されないので、100万円近く(!)自己負担しなければなりません。背に腹は換えられない、という最後の切り札になるのかも知れません。

 

ノコギリヤシが、民間療法として認知されている理由

 

前立腺肥大は、多量の男性ホルモンが原因だと考えられています。加齢とともに男性ホルモンの分泌は減少していくので、お年寄りほど無縁の病気と思いがちですが…

 

実は反対で、お年寄りほど前立腺肥大に悩まされることになります。※80歳で80%の男性が発症している、という報告もあります。

 

前立腺肥大 ノコギリヤシ

 

男性ホルモンの分泌が少ない状況下では…前立腺は、代替案として血中から男性ホルモンを得ようとし始めるそうです。これが結果として、より多くの男性ホルモンを取り込んでしまうことになります。

 

取り込まれた男性ホルモン(テストステロン)は、ジヒドロテストステロンに変化・蓄えられます。そして、その濃度が高まれば高まるほど前立腺が肥大していく、というのが一般的な見解です。

 

 

結論
テストステロンからジヒドロテストステロンに変化してしまうことを防げば…A
あるいはジヒドロテストステロンが受容体と結合することを防げば…B

 

⇒前立腺肥大を解決することができる、と認識されています。

とある植物が、その効能を持つとされています。そう、ノコギリヤシです。

 

ノコギリヤシが、多くの方に選ばれている理由

 

ノコギリヤシには、上図のように肥大化していく過程を2段階で抑制する効果・効能があるとされています。

 

ノコギリヤシが前立腺肥大症の治療薬として活躍している歴史は古く、また多くの臨床試験によってもその有効性が確認されています。

 

副作用が無いのに、排尿困難の改善が期待できる!それが大きな魅力、支持されている理由なんだと思います。